【相模原がオリンピックコースに!】2020年東京オリンピック競技大会自転車ロードレース競技のコースと日程

相模原市緑区

相模原市緑区がなんと!

東京オリンピックのロードレースで選手が通過します!

オリンピックを身近に感じられて嬉しいですね♪

ロードレースは、一般の公道を使用して全選手が一斉にスタートし、ゴールラインへの着順を競う競技です。

個人競技で、メダルは個人に対して与えられますが、各国には1名から5名の出場枠が割り当てられ、これらの選手がチームを組んで、エースと呼ばれる中心選手をより高い順位にするため、組織プレーが行われるのも特徴です。

男子の場合、一般的におおむね250キロメートルの距離を走り、走行時間は5~6時間、平均時速50キロメートル弱のスピードで通過します。

速いですね!!一瞬で通り過ぎてしまいそう!!

競技は、オリンピックの開会式(2020年7月24日)の翌日及び翌々日に開催されます。

競技日程
<男子> 2020年7月25日(土曜日) 午前11時~午後6時15分
総距離 約244キロメートル
獲得標高(※) 約4,865メートル
参加選手数 130名程度
<女子> 2020年7月26日(日曜日) 午後1時~午後5時35分
総距離 約147キロメートル
獲得標高(※) 約2,692メートル
参加選手数 70名程度
※獲得標高とは、スタートからゴールまでの上った高さの合計です。

スタートは武蔵野の森公園(東京都 府中市・調布市・三鷹市)
ゴールは富士スピードウェイ(静岡県 小山町)です。

大会前に試走及び中継リハーサルを実施するので、近隣の方や近くにお出かけの方はは道路交通情報に注意してくださいね。

最後にコース概要です。

相模原市ホームページより

東京都方面からは、町田街道を利用してアクセスします。
相模原市域へは、町田街道から国道16号(八王子バイパス)を通って進入後、(都)相原宮下線を経由し、相原台交差点から国道413号にアクセスします。
国道413号を西に直進し、川尻・久保沢⇒小倉橋(旧)⇒串川橋、国道412号を西へ長竹・関と経由後、青山交差点から国道413号で山梨県方面に向かいます。

以上です。

ちなみに相模原市立総合水泳場(さがみはらグリーンプール)は2020東京オリンピックの事前キャンプ地になるかもしれません。

筆者は暑いのにめっぽう弱いので応援はいけないだろうなぁと思うんですが、旦那と子供たちは応援するかもしれません。

温暖化で夏が地獄になりそうなので、そこが心配です。。。せっかく日本で開催されるので事故なく終えて欲しいなと思います。

応援に行く方はくれぐれも熱中症対策を万全にして行ってくださいね!

※この記事は投稿時の情報です。情報は変わることがあるので、最新の情報は公式サイトをご覧くださいませ。

こちらの記事もオススメです↓

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA